週刊エコノミスト・トップストーリー

金融庁参与に聞く「地銀は本当に生き残れないの?」

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
大庫直樹さん
大庫直樹さん

 メガバンクから地銀まで「銀行経営は厳しい」という声が聞こえてくる。銀行はどのようにして生き残っていけばいいのか。金融庁参与で、話題となった有識者会議報告書のキーマンの大庫直樹氏(コンサルティング会社「ルートエフ」代表)に聞いた。週刊エコノミスト6月26日号の巻頭特集「銀行消滅」よりお届けする。

県内1行でも厳しい地銀も

 --金融庁の有識者会議の報告書で示した「1行単独でも不採算な都道府県が23」という試算に対して、地銀経営者の間に動揺が広がっている。

 ◆大庫直樹さん あの地図は、県単位での競争を議論するのは妥当なのかを検証するために、一つの県のみで…

この記事は有料記事です。

残り1600文字(全文1877文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。