経済プレミアインタビュー

パワハラが起こらない職場に「必ずあるもの」とは

編集部
  • 文字
  • 印刷
「残念な職場」の著者・河合薫さん=2018年5月29日、藤井太郎撮影
「残念な職場」の著者・河合薫さん=2018年5月29日、藤井太郎撮影

「残念な職場」著者・河合薫さんに聞く(2)

 働き方改革やセクハラ問題などに対して、企業は対応を迫られ、さまざまな対策を行うようになっている。だが実際に効果はあるのだろうか。「残念な職場」の著者で、健康社会学を研究する河合薫さんのインタビュー2回目をお届けする。【経済プレミア編集部・田中学】

 ──働き方改革が叫ばれたり、セクハラ問題にスポットがあたったりして、多くの企業が対応に追われています。有効なのでしょうか。

 ◆河合薫さん 財務省では前事務次官のセクハラ問題で、急きょ、幹部を対象にした初のセクハラ研修を開催…

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文1949文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz