※掲載写真はイメージです
※掲載写真はイメージです

マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

わずかな利息で楽しみを見つける「応援定期預金」とは

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 定期預金の金利が著しく低い。もはや、預金する楽しみなど見いだせない--。多くの人たちがこんな気持ちを抱きながら、惰性のように預金口座におカネを預け入れ続けている。そこで、今回は従来とは異なる「楽しみ」を実感できる預金があることを紹介したい。大和ネクスト銀行の「えらべる預金」である。同行は大和証券グループのネット銀行だ。

 預金するにあたって選べるコースは三つあるが、紹介したいのはそのひとつ「応援定期預金」である。預金か…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1332文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。