スキル・キャリアキャリアセンター ここだけの話!?

就活面接の「無断録音」キャリセンは何故とめるのか

都内・某共学大進路指導担当

 就活生は「情報」に敏感である。私たち大学の就活支援部署の職員が知らない話を、インターネット上や発行部数のそれほど多くない雑誌などから見つけてきて、「こんな話が出ていたのですが、本当ですか」と聞いてくる。中には真偽不明のものや、そのまま信用するとリスクがあるケースもある。

 例えば、あるウェブサイトでは弁護士が「就活で面接官とのやりとりを無断録音する行為は、法的には問題ない」と解説している。その部分だけを読むと、就活生は面接官とのやりとりを「無断録音」しても「違法性はない」ので、「やってもいい」ということになる。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1364文字)

都内・某共学大進路指導担当

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。