切ない歌を探して

椎名林檎「化粧直し」から伝わる“孤独と寂しさ”

森村潘・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
椎名林檎さん作詞作曲の「化粧直し」が収録されたアルバム「大人(アダルト)」(東京事変)のジャケット=ユニバーサルミュージック・EMI Records提供
椎名林檎さん作詞作曲の「化粧直し」が収録されたアルバム「大人(アダルト)」(東京事変)のジャケット=ユニバーサルミュージック・EMI Records提供

 「個性的」という形容詞がよく似合う、シンガー・ソングライターの椎名林檎。彼女が「化粧直し」という曲のなかで歌っている。

 ♪ 貴方に逢って孤独を知った

 詞はこのあと、「だけど失った今私は初めて本当のひとり」と続く。そして「やっと私は気付いた 本当にひとり」と締めくくっている。別れてから「ひとりの孤独感」を思い知ったということなのだろう。

 「貴方に逢った」からこそ、こんな孤独感を味わうようになったという、心の中に冷たい風が吹くような寂寥…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1156文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。