経済プレミア・トピックス

就活生がホンネで語る「嫌われる企業・ダメな人事」

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

就活生座談会(後編)

 「超売り手市場」とされる2019年卒大学生の就職活動。6月初旬のヤマ場を過ぎ、企業は「内定辞退」や「内定者フォロー」が課題になっている。就活生たちは、企業の採用活動をどうみていたのか。座談会の後編をお送りする。【司会と構成、経済プレミア編集部・渡辺精一】

参加者

◆A=慶応大・文系・男 信託銀行に決定

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2130文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。