2028年の夏季オリンピック・パラリンピック(以下、五輪)の開催地として米ロサンゼルスが選出された。17年9月のことだ。ロサンゼルスでの夏季五輪開催は1984年以来となる。

 五輪成功の鍵、セキュリティーをどう担保するか、ロサンゼルスの現地メディアは開催地選出が見えてきた17年夏の段階で報じ始めた。

 実際、96年のアトランタ五輪時には開催中にアトランタ市内の公園で爆弾テロが発生、1人が死亡、111人が重軽傷を負った。犯人の男は別の爆弾事件にも関わり逮捕され、05年に終身刑の判決を受けた。

 01年9月の同時多発テロの翌年に開催されたソルトレークシティー冬季五輪では、セキュリティー予算が従…

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1644文字)

松原実穂子

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。