「第三者委員会報告書格付け委員会」の記者会見=2018年7月3日撮影
「第三者委員会報告書格付け委員会」の記者会見=2018年7月3日撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

雪印種苗の第三者委が「メール復元」で暴いたウソ

編集部

雪印種苗の「種子偽装」第三者報告書(2)

 牧草や飼料作物の種子の品種の一部を長年にわたり偽って販売してきた雪印メグミルクの100%子会社、雪印種苗(本社・札幌市)。同社の第三者委員会が4月27日に不正の調査報告書を公表し、同社社長(65)は即日、引責辞任した。

 報告書はこの前社長が、課長当時から不正に関わり、専務になってからも他の役員とともに社内調査で不正を隠していたことを暴いた。第三者委員会はデジタル調査の手法で社内のサーバーから過去のメールを復元し、前社長に事実を突きつけた。その経過を詳しく紹介しよう。

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1508文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz