IT・テクノロジーサイバー攻撃の脅威

「職員採用却下を逆恨み」豪ハッカーが狙った汚水施設

松原実穂子 / 米シンクタンク客員研究員

 2000年1月下旬、オーストラリア東部の市が更新した下水処理施設の監視制御システムに問題が発生した。下水処理用のポンプ場に送った信号が受信できず、ポンプが突然作動したり作動しなくなったりした上、誤った警報が鳴り響くようになった。

 市の水道当局は当初、故障原因は制御システムの動作不良と考えていた。しかし、3月中旬、エンジニアがポンプ場のシステムの設定を変えた直後に設定が元に戻ってしまったため、無線装置を使ってハッキングされていたことに気付いた。3月下旬になると、ポンプの不調回数が増加し、中央コンピューターから制御できなくなり、技術者たちはポンプを手作業で動かさざるを得なくなった。

 そのポンプの故障により、1000立方メートルの下水が公園数カ所、河川、ホテルの敷地に流入した。オー…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1535文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
松原実穂子

松原実穂子

米シンクタンク客員研究員

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員。日本帰国後、政府・企業向けにサイバーセキュリティーに関する政策提言、啓発活動を行う。この間、米セキュリティー企業のアジア太平洋地域公共担当の最高セキュリティ責任者兼副社長を務めた。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…

職場のトラブルどう防ぐ?

パート看護師「社会保険への加入」で院長が悩んだ理由

 A雄さん(53)は、職員数20人ほどのクリニックの院長です。職員には、フルタイムの看護師のほか、短時間勤務(パート)の看護師が数…

知ってトクするモバイルライフ

「LINEモバイル」ソフバン傘下で挽回図るサービス

 LINEの格安スマホ事業として注目を集めていたLINEモバイルが、ソフトバンク回線を使ったサービスを始めた。元々LINEモバイル…

メディア万華鏡
映画「万引き家族」の舞台あいさつをする是枝裕和監督(右)=2018年6月3日、玉城達郎撮影

「万引き家族」是枝監督の祝意辞退と権力との距離

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督の「万引き家族」。題名通り万引きで生活する一家を描き、家族、正…