キャリアを築くヒント

「実践経験なし」意中のプロジェクトに参加する方法

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 自分の持つ能力や知識が、周囲の人たちからなかなか認められないことがあります。私のいたIT業界では、もちろん情報技術に関する知識の豊富さが、キャリアを左右する重要な一つのカギです。それが認められなければ、大きな不満や不安を抱えることになり、自分のキャリアに危機感を覚えることがあるでしょう。

「実践経験がない」と断られる

 やりたいことがあるなら、ときには自分を売り込む必要があります。ITエンジニアだった私は、あるソフトについて勉強していた時期があり、その知識を生かした仕事がしたいと機会をうかがっていました。

 ある時、そのソフトを使う開発プロジェクトが始まると聞き、いそいそとプロジェクトマネジャーのところを…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1415文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。