自動車不正リポート

「不正の上塗り!」日産で検査数値改ざんが続いたワケ

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見で謝罪する日産自動車の山内康裕執行役員(中央)ら=2018年7月9日、玉城達郎撮影
記者会見で謝罪する日産自動車の山内康裕執行役員(中央)ら=2018年7月9日、玉城達郎撮影

日産自動車の排ガス不正(1)

 日産自動車でまた完成車検査をめぐる不正が発覚した。同社の製造部門の責任者である山内康裕執行役員が7月9日記者会見し、新車の出荷前に行う排ガスや燃費の検査で不正が行われていたと発表した。排ガス成分や燃費の測定値を改ざんしたり、車の速度や検査室の温度・湿度といった試験環境を逸脱した試験を行っていたというのである。

 不正は国内6工場のうち5工場で行われており、データが確認できた13年4月から不正が確認され、もっと…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1576文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz