働く女の品格

「感情的な人」は嫌われる「感情豊か」は愛される

戸田久実・コミュニケーション研修講師
  • 文字
  • 印刷

 「感情豊かだね」と言われて嫌な気持ちになる女性はいないでしょう。ですが「あなたは感情的だね」と言われたらどうでしょう? なんとなく短所を指摘されたようで屈辱的に感じる女性が多いようです。

 では、感情的であることと、感情豊かであることとはどう違うのでしょうか。まず、「感情的」とは、ネガティブな感情に振り回されてしまうことです。

 感情的な人は、湧いてきた嫌な感情を誰かにぶつけたり、「私がこんなに悲しいのはあなたのせい」「あなたはどれだけ私を困らせるの!」「私がどれだけ寂しかったのかわかる!? わからないでしょ!」と、自分の感情を押しつけたりします。「あなた」を主語に「こんな感情になったのはあなたのせい」だとメッセージを出します。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1454文字)

戸田久実

コミュニケーション研修講師

アドット・コミュニケーション代表取締役。日本アンガーマネジメント協会理事。大学卒業後、民間企業で営業、社長秘書として勤務。現在は研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師として活躍する。「アンガーマネジメント」「女性リーダー養成」といった多岐にわたる研修や講演を実施。講師歴は26年。著書に「アンガーマネジメント 怒らない伝え方」(かんき出版)など。