キャリアを築くヒント

力作のプレゼン資料に“難癖”をつけた上司の意図

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 ビジネスでは、プレゼン資料の良しあしで結果が大きく変わることがあります。今回は、重要なプレゼン資料を作るときのちょっとした工夫についてお話しします。

上司からの厳しい質問

 私がIT企業で営業職だったころ、ある顧客に基幹システムの刷新を提案する機会を得ました。10億円を超える商談で、提案内容はシステムのクラウド化でした。

 この顧客はそれまで自社で購入したサーバー機器を社内に設置し、必要なシステムをサーバーに搭載して活用…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1415文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。