名家のルーツ

「君臨すれども統治せず」豪商の枠を超えた住友家

森岡浩・姓氏研究家
  • 文字
  • 印刷
十五代目住友友純が建物を寄贈した大阪府立中之島図書館=1952年7月撮影
十五代目住友友純が建物を寄贈した大阪府立中之島図書館=1952年7月撮影

 20年以上前のことだが、京都・洛東を歩いていたとき、急な雨に降られて近くにあった博物館に飛び込んだことがある。そこで青銅器と銅鏡の展示を見たのだが、そのあまりにも充実したコレクションに圧倒された。それが京都・鹿ケ谷(ししがたに)にある泉屋(せんおく)博古館である。重要文化財級と思われる鏡が所狭しと並べられていたが、これらを収集したのが大坂の豪商の住友家だ。

 泉屋博古館の膨大なコレクションは、主に、明治から昭和の住友家当主十五代目や十六代目が収集した美術品…

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1440文字)

森岡浩

姓氏研究家

1961年、高知県生まれ。早稲田大学在学中に独学で姓氏研究を始める。文献調査やフィールドワーク、統計を用いた実証的手法を用いる。2017年4月からNHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」に出演。著書、多数。