人生100年時代のライフ&マネー

葬儀費用に困らない 遺産の預貯金「仮払い」制度新設

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

変わる相続(3)

 相続で多くの人が直面するのが亡くなった人の預金(貯金)口座の手続きだ。約40年ぶりに相続法制を大きく見直した改正民法(7月6日成立)は、相続人が預金を引き出しやすくする「仮払い制度」を設けた。何がどう変わったか、ポイントを整理した。

名義人が亡くなればその預金口座は「凍結」

 まず、亡くなった人の預金の引き出しに、銀行など金融機関はどう対応しているか。金融機関は、口座名義人が亡くなったと知ればその口座を「凍結」し、亡くなった人の一生分の戸籍謄本(除籍謄本含む)と相続人全員の戸籍謄本や合意書類をそろえて申請しなければ、払い戻しに応じない。相続人が遺書や遺産分割協議書を隠している可能性もあり、トラブルを避けるためだ。

 ただし、2人暮らしの高齢夫婦で「まとまった資金は夫の銀行口座にある」というケースは珍しくない。夫が…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1511文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。