働く女の品格

年齢を言い訳にして甘えずときにはお金をかけてみる

戸田久実・コミュニケーション研修講師
  • 文字
  • 印刷

 以前よりやせにくくなった。顔色がくすんで明るい色の服が似合わなくなってきた。出社すると「疲れてる?」と聞かれる……。年を重ねていくたびに、誰もが微妙な「変化」をあちこちに感じるのではないでしょうか。ですが、その変化は年齢に応じて一様でもないようです。

 実際に同窓会で同級生に再会すると、いつまでも変わらず若々しい人と、年齢以上に老けてしまっている人に分かれるように感じます。まわりから「老けたなあ」と思われる人は、どうも自分にかまわなくなってしまっているケースが多いようです。

 だからこそ、年齢を言い訳にして甘えずに、自分を客観視したり、メンテナンスに意識と時間、ときにはお金をかけることも必要です。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1456文字)

戸田久実

コミュニケーション研修講師

アドット・コミュニケーション代表取締役。日本アンガーマネジメント協会理事。大学卒業後、民間企業で営業、社長秘書として勤務。現在は研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師として活躍する。「アンガーマネジメント」「女性リーダー養成」といった多岐にわたる研修や講演を実施。講師歴は26年。著書に「アンガーマネジメント 怒らない伝え方」(かんき出版)など。