ニッポンの給料

「会社の人事評価」サラリーマンの半数が不満のワケ

神田靖美・リザルト株式会社代表取締役
  • 文字
  • 印刷

 サラリーマンであれば、自分の人事評価を気にしない人は少ないでしょう。人事評価は、賞与や昇給の額だけでなく、昇格や降格、それに配置転換にも影響します。ただ、会社の人事評価に不満を抱く人も少なくないようです。

不満が出る人事評価は「あいまい、不公平」

 社員研修などを手がけるリクルートマネジメントソリューションズが、2017年に発表した「人事評価制度に対する意識調査」では、20~40代正社員男女(回答者519人)の約半数の48%が、勤務先の評価制度に「満足していない」と答えました。主な不満の理由は、何を頑張ったら評価されるのかあいまいだから▽評価基準があいまいだから▽評価の手続きに公正さを感じないから──でした。

 一方、「満足している」と答えた人の主な理由は、会社が評価制度について具体的な情報を開示しているから…

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1796文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

神田靖美

リザルト株式会社代表取締役

1961年生まれ。上智大学経済学部卒業後、賃金管理研究所を経て2006年に独立。著書に「スリーステップ式だから成果主義賃金を正しく導入する本」(あさ出版)、「社長・役員の報酬・賞与・退職金」(共著、日本実業出版社)など。日本賃金学会会員。早稲田大学大学院商学研究科MBAコース修了。