人生に必要な「おカネの設計」

資産運用のリスク許容度を判断する数字「360」

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 老後生活の資金をためていくには、預貯金だけでなく運用や投資をしていくことも大切です。ただ運用や投資では、お金が増えることもあれば、減ることもあります。リスクがあるのです。こうしたリスクのある商品をどれくらい持てるのかを判断できるのが「360」という数字です。今回は、その方法を見ていきましょう。

運用したい夫、絶対反対の妻

 私のところに資産運用の相談に来た会社員のA太さん(36)は、共働きの妻B代さん(36)と、4歳と1歳の子供の4人家族です。「基本公式」で計算した「必要貯蓄率」は24.6%でした。今の手取り年収は、夫婦合わせて約600万円で、年147万6000円(月12万3000円)を貯蓄していけば、今後、2人の子供の学費(各500万円)と住宅購入の頭金500万円をためながら、老後資金にも備えられます。

 現在、貯蓄が約300万円あり、A太さんは、株式を積み立てたいと希望しています。しかし、B代さんから…

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1885文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。