人生100年時代のライフ&マネー

保険のニーズは変わった「死亡保障より長生きリスク」

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

保険を見極める(1)

 人生100年時代では、老後の生活費や医療費の支出など「長生き」のための経済的リスクがより高まる。リスクへの備えである保険についても、何を優先すべきなのか、これまでと違う視点が必要になってくる。

「生保大国」日米の違い

 日本では、保険といえば「生命保険」をイメージする人が多い。日本で年間に支払われる生命保険料は約43兆円(2015年度、共済含む)。米国に次ぐ「生保大国」の一角だ。

 ただし、日米で中身は違う。保険料ベースでみると、日本では死亡保障が約半分だが、米国は医療保険と年金…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1721文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。