経済プレミア・トピックス

「口封じの背後関係は?」徹底調査を欠いた日大報告書

編集部
  • 文字
  • 印刷
第三者委員会報告書格付け委員会の記者会見=東京都千代田区で2018年8月2日、今沢真撮影
第三者委員会報告書格付け委員会の記者会見=東京都千代田区で2018年8月2日、今沢真撮影

日大・第三者報告書の中身(3)

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題を調査した第三者委員会の最終報告書発表から3日後の8月2日、「第三者委員会報告書格付け委員会」(委員長・久保利英明弁護士)が東京都千代田区で記者会見を行い、日大の第三者報告書に対する格付けを発表した。

 格付け委員会は、主に企業不祥事に関する第三者報告書を“勝手格付け”してきた。日弁連の第三者報告書ガイドライン作成に関わった弁護士のほか、学者やジャーナリストが委員になっている。日大は学校法人だが、社会的関心が高いことから今回の報告書を格付け対象として取り上げた。

 格付け委員会は第三者報告書を5ランクで評価する。日大の報告書への8委員の評価は、上から3番目の「C…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1578文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz