経済プレミア・トピックス

「田中理事長の進退」は第三者委の権限外だったのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
第三者委員会報告書格付け委員会の記者会見=東京都千代田区で2018年8月2日、今沢真撮影
第三者委員会報告書格付け委員会の記者会見=東京都千代田区で2018年8月2日、今沢真撮影

日大・第三者報告書の中身(4)

 日大悪質タックル問題を調査した第三者委員会をめぐっては、最終報告書の公表を機に田中英寿理事長の進退問題が進展するかどうかが注目されていた。ところが最終報告書は理事長に説明責任を果たすよう厳しく求めたものの、進退に関する記述は一切なかった。なぜそうした内容になったのか。

 第三者委員会の勝丸充啓委員長(元広島高検検事長)が7月30日に行った記者会見では、報道陣からこれに対する質問が相次いだ。例えば次のような質問である。

 「第三者委員会が設置された目的は、自浄作用を発揮できない日大に対して外部から客観性を持った調査や処…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1455文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz