グローバル世界透視術

対米貿易戦争で発動された「米国に妥協しない」大方針

金子秀敏 / 毎日新聞客員編集委員

 世界経済がどうなるか、米中貿易戦争の行方にかかっている。米中貿易戦争の行方がどうなるかは、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席の出方にかかっている。

 では、トランプ大統領がどう出るか、マスコミのニュース解説はどれも「トランプ大統領の考えはわからない」と同じだ。トランプ氏の頭の中に戦略はなく、その時々の思いつきで言っているのだとすると、そんな相手とぶつかる習主席も戦略の組み立てようがない、確かに。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1223文字)

金子秀敏

金子秀敏

毎日新聞客員編集委員

1948年、東京都生まれ。東京外国語大学中国語学科卒。73年毎日新聞社に入社。横浜支局、政治部、北京支局、外信部副部長、香港支局長を経て、論説副委員長、論説室専門編集委員を歴任した。2014年から現職。中国や周辺各国の動向を日々チェックし、複雑な国際情勢のウラのウラを読む。