熊野英生の「けいざい新発見」

6月賃金3.6%増 働き方改革の余波が表れただけ?

熊野英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
賃金は本当に上がっているのか(今年の春闘=3月14日、竹内紀臣撮影)
賃金は本当に上がっているのか(今年の春闘=3月14日、竹内紀臣撮影)

 6月の現金給与総額(パートを含む)が前年比3.6%増に上昇した。21年ぶりの高い伸び率だという。この上昇率には驚く。厚生労働省が8月7日に発表した毎月勤労統計調査によるものだ。だが、少し立ち止まって考えると、この基になっているデータは6月だ。ボーナスの支給が押し上げているのだと察しがつく。

 賃金の中で、正社員に当たるのは、パートを除く一般労働者の現金給与だ。正社員の賃金の前年比の伸びは、4月0.6%、5月2.1%、6月3.3%である。1~6月の平均は1.8%になる。それでも、2017年の平均0.5%よりはずっと高い。

 業種では、卸売・小売業が18年6月10.7%、製造業が同4.2%と伸びが高い(パートを含む)。卸小…

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1243文字)

熊野英生

第一生命経済研究所 首席エコノミスト

1967年山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。90年、日本銀行入行。調査統計局などを経て、2000年、第一生命経済研究所入社。11年4月から現職。専門は金融政策、財政政策、金融市場、経済統計。