人生に必要な「おカネの設計」

「普通預金と変動国債」で無リスク資産を積み上げる

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 資産運用をスタートすると決めた会社員のA太さん(36)は早速、具体的な投資・運用方法を検討し始めることにしました。運用では、自分の資産を長期的に安定して増やしていくことが大切です。働いて得た収入の一部を積み立て投資し、退職後は積み上がったお金を徐々に使い、生活していくことを目的としましょう。

 A太さんには、共働きの妻B代さん(36)と、4歳と1歳の子供がいます。夫婦の手取り年収は合わせて600万円で、現在約300万円の貯蓄があります。今後の人生でさまざまな支出が生じます。A太さんの場合、2人の子供の学費(各500万円)や、住宅購入の頭金として500万円と想定しています。こうしたお金は、積み立てた分から必要に応じて取り崩します。

 では、「資産配分」の仕方を考えます。この部分は、お金の問題の「五つのステップ」の必要貯蓄率、自分のリスク許容度、に続く3ステップ目です。ポイントは、安定的に資産全体が増えていくよう、効率的に自分で管理することが大切です。手数料もリスクも高い投資商品の売買を証券会社の営業マンなどに任せっぱなしにしてはいけません。具体的には、次の三つのポイントがあります。

 一つ目のポイントは、生活費の半年から1年分(手取り年収のおおよそ半分)を、普通預金口座に置いておくことです。金融機関が破綻した場合に預金者へ払い戻しを保証するペイオフという制度の対象が、1金融機関1預金者あたり元本1000万円までとその利息なので、1口座1000万円を限度にしましょう。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1905文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。