スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

「結婚休暇で不公平!?」総務部長が頭を悩ませた理由

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 A郎さん(48)は、従業員数約300人の金融関連会社の総務部長です。ここ数年、結婚休暇の取り扱いについて、どうすれば社員間の不公平感がなくなるか頭を悩ませることが増えています。

就業規則に定められた結婚休暇

 A郎さんの会社では、就業規則に結婚休暇の規定があります。社員が役所に婚姻届を出した場合、連続した5日間の休暇を取ることができます。結婚休暇は会社から与えられる特別休暇(有給休暇)です。

 就業規則が作成されたのは40年ほど前です。結婚休暇は「社員が結婚式に引き続き新婚旅行に行くことを前…

この記事は有料記事です。

残り1699文字(全文1945文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/