経済プレミアインタビュー

5年で100万事業所が導入「会計ソフトfreee」の強み

編集部
  • 文字
  • 印刷
freee株式会社創業者で社長の佐々木大輔氏=2018年8月8日、川村彰撮影
freee株式会社創業者で社長の佐々木大輔氏=2018年8月8日、川村彰撮影

freee佐々木大輔社長に聞く(1)

 「30年変わらなかった」といわれる会計ソフト業界を変えるクラウド型サービスを2013年に始めたfreee(フリー)株式会社。その強みや特徴について創業者の佐々木大輔社長(37)に聞いた。【構成=経済プレミア編集部・田中学】

 2013年にサービスを開始した「クラウド会計ソフトfreee」は、5年で導入事業所数が100万を超えました。開始当初は、先進的な考え方を持つ個人事業主などから好評を得て、そうした人たちがブログやSNSに使い勝手のよさを書き込んでくれたことで、口コミで広がっていきました。

 経理業務の負担が数十分の一になるケースがたくさんあったんです。インターネットバンキングやクレジット…

この記事は有料記事です。

残り1635文字(全文1951文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz