キャリアを築くヒント

IT推進課長が気づいた「我が社の我流業務プロセス」

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 最近、デジタルトランスフォーメーション(DX、業務プロセスのデジタル化)が注目を集めています。DXは、単純に既存のアナログの業務をIT(情報技術)で代替することではなく、業務プロセス自体をITを前提とした流れに変えていくことです。

 DXでは、例えばAI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)などを活用しながら、社内の決裁を自動化できる仕組みを構築することができます。個々人の判断を少なくして、迅速に業務を行えるようになるのです。

 このDXのような変革の意味合いを知り、変革をリードできる人がいれば、社内で存在感を高めることができ…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1395文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。