くらしマンション・住宅最前線

横浜みなとみらいで新築マンションがもう出ない理由

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 リクルート住まいカンパニーが発表した2018年「住みたい街ランキング」は、横浜が関東総合ランキング第1位になった。ここでいう「横浜」とは、JR横浜駅を中心に半径2キロ圏内を指すのだという。

「みなと横浜」を満喫できる場所

 これは結構広い範囲で、横浜駅周辺はもちろん、1980年代から再開発が進むウオーターフロントエリア「横浜みなとみらい21」地区も含まれる。みなとみらい地区は「みなと横浜」からダイレクトに連想される場所で、今や「横浜の顔」といっていい。

 実際「横浜に住んでみたい」と思うとき、多くの人が思い浮かべるのは、帆船日本丸が保存・公開され、70…

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1527文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。