くらし人生100年時代のライフ&マネー

「病気やけがで収入激減」頼れる傷病手当金と障害年金

渡辺精一 / 経済プレミア編集部

保険を見極める(3)

 家族のかたちや働き方が多様になるなか、病気やけがで長期間働けなくなるリスクに備えたいというニーズが高まっている。保険各社からはこうしたリスクに備える新商品が相次いで登場している。ただし、その中身や違いはわかりにくい。基本から考えよう。

まず公的保障の内容を知る

 生命保険は遺族の生活費への備え、医療保険は病気やけがによる治療費への備えが基本だ。これに対し、病気やけがで働けなくなった場合の生活費に備える保険がクローズアップされている。

 医療技術が進み、重篤な病気やけがでも一命をとりとめるケースは増えており、現役世代の死亡率が低下して…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1317文字)

渡辺精一

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。