働く女の品格

「彼に結婚する気がない」悲痛な相談を受けたとき

戸田久実・コミュニケーション研修講師
  • 文字
  • 印刷

 「30歳を過ぎているのですが、お付き合いしている彼が結婚する気がないので不安に感じています。でも身動きがとれません……」

 そんな悲痛な相談を受けることがあります。

 この手の相談を受けたときに、まず私がアドバイスするのは、結婚する意思があるかどうかについて相手と話をすること。そして、相手にその気がないようなら、他の人との出会いを探してみたほうがいいということです。

 相手を説得して考え方を変えさせるのは不可能だということです。さらに、相手の決断を待つのではなく、人生の決定権は自分にあるということに気づいてもらうため、以下の三つを問うようにしています。

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1418文字)

戸田久実

コミュニケーション研修講師

アドット・コミュニケーション代表取締役。日本アンガーマネジメント協会理事。大学卒業後、民間企業で営業、社長秘書として勤務。現在は研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師として活躍する。「アンガーマネジメント」「女性リーダー養成」といった多岐にわたる研修や講演を実施。講師歴は26年。著書に「アンガーマネジメント 怒らない伝え方」(かんき出版)など。