戦国武将の危機管理

「百姓逃散は親類まで成敗」長宗我部元親の危機感

小和田哲男・静岡大学名誉教授
  • 文字
  • 印刷

 戦国時代、百姓たちが年貢を払うことができず、他の領地に逃げ去ることが少なからずあった。当時の表現では「欠落(かけおち)」といっており、逃散(ちょうさん)していった者を「走り者」などと表現している。百姓たちからの年貢を財政基盤としている戦国大名にとってはゆゆしい事態で、当然、逃散に対する手段を講ずることになる。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1102文字)

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com