週刊エコノミスト・トップストーリー

クルマに押し寄せる大変化「CASE」って何だ?

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
都内を走る自動運転タクシーの車内(編集部撮影)
都内を走る自動運転タクシーの車内(編集部撮影)

 「100年に1度」の自動車の変化が大きなビジネスチャンスを生み出している。週刊エコノミスト9月18日号の巻頭特集「EV&つながる車で勝つ100社」よりダイジェストでお届けする。

六本木から大手町まで自動運転

 「自動運転タクシー」が8月下旬、初めて東京都心部を走った。区間は大手町と六本木を結ぶ5.3キロ。実際に客を乗せた公道での走行実験としては世界初。タクシー大手の日の丸交通と自動運転技術開発のZMP(東京都文京区)がタッグを組んだ。

 週刊エコノミスト編集部も8月30日、試乗した。実験段階のため運転席にプロのタクシードライバーが座るが、基本的にすべて自動で行う。六本木ヒルズの車寄せを出発した自動運転タクシーは、まず六本木通りに入った。片側3車線で交通量も多く運転初心者には比較的難しい道。だが、タクシーは交差点も信号に従ってスムーズに抜けた。皇居の内堀沿いの日比谷通りに入ると、あらかじめ東京駅方向への右折を見越し左から右へ徐々に…

この記事は有料記事です。

残り1699文字(全文2117文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。