スルガ銀行 不正の構図

「行員が金銭授受!?」スルガ報告書が残した疑惑の数々

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀行による不正融資問題の調査結果を公表し、記者会見に臨む第三者委員会のメンバー=静岡県沼津市で2018年9月7日、宮武祐希撮影
スルガ銀行による不正融資問題の調査結果を公表し、記者会見に臨む第三者委員会のメンバー=静岡県沼津市で2018年9月7日、宮武祐希撮影

スルガ銀行・第三者報告書(2)

 スルガ銀行による不正融資問題で、第三者委員会が公表した調査報告書は、さまざまな制約で調査を突き詰めることができなかった案件を「疑惑」として記載している。その一つが不動産関連業者から銀行員が金銭を受け取っていた疑惑である。

 金銭授受が疑わしい案件として、調査報告書は「交通費名目」「キックバック」をあげている。シェアハウスや中古マンションの購入者への融資業務に携わっていた行員99人に対するアンケート、それに第三者委員会とは別にスルガ銀行のコンプライアンス部が行った行員41人に対するヒアリングで浮かび上がったものだ。

 まず「交通費名目」を詳しく説明する。スルガ銀行は静岡県沼津市に本店があり、同県、神奈川県、東京都に…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1394文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz