人生に必要な「おカネの設計」

資産運用の最初の一歩「口座はどこでどう開設する?」

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 資産形成で大切なのは、自分のリスク許容度を知った上で、無リスク資産とリスク資産へ最適にお金を配分していくことです。会社員のA太さん(36)と共働きの妻、B代さん(36)は、無リスク資産に一定のお金をためながら、残りのお金を投資信託などのリスク資産で運用することに決めました。2人の手取り年収は合わせて600万円、現在約300万円の貯蓄があり、4歳と1歳の子供がいます。

 リスク資産として、毎月5万6000円をiDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたてNISA(少額投資…

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1836文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。