人生に必要な「おカネの設計」

資産運用の最初の一歩「口座はどこでどう開設する?」

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 資産形成で大切なのは、自分のリスク許容度を知った上で、無リスク資産とリスク資産へ最適にお金を配分していくことです。会社員のA太さん(36)と共働きの妻、B代さん(36)は、無リスク資産に一定のお金をためながら、残りのお金を投資信託などのリスク資産で運用することに決めました。2人の手取り年収は合わせて600万円、現在約300万円の貯蓄があり、4歳と1歳の子供がいます。

 リスク資産として、毎月5万6000円をiDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたてNISA(少額投資非課税制度)に積み立てていきます。ただ、B代さんには、「iDeCoやつみたてNISAを始めるには新たに口座をつくる必要があるようだけど、それは家や会社の近くで行きやすい銀行がいいのか、証券会社の方がいいのか。何を基準に選べばよいのか」という疑問がありました。

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1836文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。