マンション・住宅最前線

マンション価格「二極化」がさらに進むこれだけの理由

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 2018年の基準地価が9月18日に発表された。3月に発表された公示地価と同様、基準地価も全国的に地価上昇の勢いが強くなっていることが明らかになり、三大都市圏では住宅地・商業地ともに上昇が続いていること、そして、札幌、仙台、広島、福岡など地方都市でも住宅地・商業地の地価上昇が目立つことが認められた。

全国的に広がる地価上昇

 景気回復や株価上昇、低金利などの影響に加え、外国人観光客の増加などで、オフィスビル、商業ビル、ホテ…

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1351文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。