人生100年時代のライフ&マネー

激震で自宅倒壊!個人ができる唯一の備え「地震保険」

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
北海道地震の液状化でV字形に陥没した住宅街の一角=札幌市清田区で2018年9月7日、土谷純一撮影
北海道地震の液状化でV字形に陥没した住宅街の一角=札幌市清田区で2018年9月7日、土谷純一撮影

保険を見極める(6)

 自然災害が日本を襲っている。6月には大阪北部地震、9月6日には北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする地震があり、大きな被害があった。地震で自宅が被災した場合、生活再建をどう手当てできるのか。個人が備えるためのほぼ唯一の手段は「地震保険」だ。

国の経済的支援には限界

 地震保険は地震・噴火やそれによって発生した津波による建物・家財への損害を補償する。こうした損害は火災保険ではカバーされないため、それを補うものだ。

 大地震の発生頻度や損害規模は予測が難しく、民間保険会社だけではリスクを負いきれない。このため地震保…

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1657文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。