中野雅章さんのオリジナル作品で赤ずきんをイメージしたとんぼ玉=中野雅章さん提供
中野雅章さんのオリジナル作品で赤ずきんをイメージしたとんぼ玉=中野雅章さん提供

政治・経済良い物をより高く売る経営

江戸の粋「とんぼ玉」再興目指す“ガラス作家”の挑戦

中村智彦 / 神戸国際大学教授

 東京は商業やサービス業中心の街と思われがちだが、ものづくりの街でもある。墨田区や大田区は有名だが、板橋区や北区などにも根付いている。そうした中で、今回は伝統を生かしたものづくりに取り組む人とその動きを紹介したい。

江戸時代に多くの人に愛された「とんぼ玉」

 JR京浜東北線の東十条駅(北区東十条)東側には、東十条商店街など活気あふれる商店街がある。日用品や食料品が庶民的な価格で販売されることが、「十条価格」などと呼ばれ、買い物好きな人に人気だ。この東十条商店街の一角にあるビルの前に、「とんぼ玉工房 海津屋」という看板がある。1階はおしゃれなパン店だ。横の階段を2階へ上がると、ガラスを扱う工房になっている。

 とんぼ玉は、ヒモなどを通せる穴がある直径2~3センチほどのガラス玉のことで、その歴史は古い。起源は…

この記事は有料記事です。

残り1746文字(全文2100文字)

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモの「らくらくスマートフォン ミー」。花の種類を識別する機能を搭載

「スマホなしシニア」3000万人を狙うドコモの秘策

 NTTドコモが富士通コネクテッドテクノロジーズ製(FCNT)の「らくらくスマートフォン ミー」を発売。3月6日からテレビCMも開…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…

ニッポン金融ウラの裏
内閣府=2014年6月11日、根岸基弘撮影

経済の司令塔・内閣府の中長期試算「いまも現実離れ」

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題が国を揺るがしている。信頼すべき国の統計の調査に瑕疵(かし)があり、信ぴょう性が疑…