ビットコイン狂騒曲

Zaifから67億円流出 仮想通貨投資は曲がり角

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
Zaifのホームページ
Zaifのホームページ

 仮想通貨交換業者が再び外部からの不正アクセスを受け、仮想通貨が流出した。仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」から、3種類の仮想通貨計約67億円相当が流出したと、同サイトを運営するテックビューロ(大阪市)が9月20日に発表した。

 仮想通貨に関しては、今年1月にコインチェック(東京都渋谷区)から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正アクセスによって流出する事件が起きたばかりだ。

 しかも、コインチェックは金融庁に登録されていない「みなし業者」だったが、テックビューロは登録業者。…

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文1850文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。