人生に必要な「おカネの設計」

最適な「お金の置き場所」iDeCoの仕組みを知る

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 老後に向けた資産運用のための「お金の置き場所」として、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(少額投資非課税制度)は合理的な選択です。会社員のA太さん(36)と共働きの妻、B代さん(36)は、専用口座を作ることにしました。2人の手取り年収は合わせて600万円、現在約300万円の貯蓄があり、4歳と1歳の子供がいます。

 B代さんからは、「もし、途中で掛け金を出せなくなったらどうなるんですか?」と聞かれました。今回はこ…

この記事は有料記事です。

残り1747文字(全文1962文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。