高齢化時代の相続税対策

「自宅売るなら元気な今」1人暮らし80歳の相続対策

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷

 都道府県が調査する今年の基準地価(7月1日時点)が9月18日に公表された。住宅地、商業地、工業地などを合わせた「全用途」の全国平均が1991年以来27年ぶりに上昇に転じた。

広がりみせる「地価回復」

 地価回復が広がっている。東京、名古屋、大阪の3大都市圏は住宅地・商業地ともに上昇基調を強めているが、外国人観光客にも人気の高い札幌、仙台、広島、福岡の地方中核4市はそれを上回る上昇ぶりだ。

 東京圏の商業地でも「上昇率5%以上」は、千代田、中央、港などの都心区だけでなく北、墨田、板橋、足立…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1342文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。