スルガ銀行 不正の構図

告発無視!スルガ銀がシェアハウス融資を続けた理由

編集部
  • 文字
  • 印刷

スルガ銀行・第三者報告書(7)

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ社(当時、スマートライフ社)はいずれ行き詰まると警告する内部告発がスルガ銀行に届いたのは2015年2月。当時の岡野喜之助副社長(翌16年7月死去)は、すぐに同社の物件への融資中止を決めた。ところが指示は徹底されず、スルガ銀行の融資は増えていった。第三者委員会の報告書が明らかにした経緯を報告する。

 融資中止の指示は、スマートデイズ社の物件を多数扱い、同社と深いつながりがあった当時の横浜東口支店長…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1413文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz