自動車不正リポート

「改ざんやっぱりあった」ずさん調査がばれたスズキ

編集部
  • 文字
  • 印刷
頭を下げる鈴木俊宏・スズキ社長(中央)ら=東京都内で9月26日、今沢真撮影
頭を下げる鈴木俊宏・スズキ社長(中央)ら=東京都内で9月26日、今沢真撮影

 9月最終週に日産自動車、スズキ、SUBARU(スバル)の大手自動車メーカー3社が車の検査で新たな不正が見つかったと相次いで発表した。ちょうど1年前の9月末、日産自動車で無資格検査が見つかって丸1年。なぜ、各社は不正の連鎖を断ち切ることができないのか。

1カ月半でひっくり返った調査報告

 まず、軽自動車の雄、スズキの鈴木俊宏社長が9月26日夜6時半に東京都内で開いた緊急記者会見から報告する。発表内容は、新車の出荷前の検査で2737台の排ガスや燃費の測定値を改ざんしていた、というものだ。

 鈴木社長は8月初めに検査不正で会見を開いたばかり。その際の発表は「検査中に車の速度が基準を外れてい…

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1436文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz