自動車不正リポート

「ウミ出し切った」はホント?日産止まらない検査不正

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見で謝罪する日産の山内康裕執行役員(中央)ら=2018年9月26日、渡部直樹撮影
記者会見で謝罪する日産の山内康裕執行役員(中央)ら=2018年9月26日、渡部直樹撮影

 日産自動車は9月26日、新車出荷前の完成検査で排ガス・燃費データを改ざんした問題で、最終調査報告書を国土交通省に提出し、公表した。報告書には、排ガスや燃費とは別の「精密車両測定」と呼ばれる抜き取り検査で、新たに11項目におよぶ不正が見つかったことが盛り込まれていた。

 自動車業界を揺るがす検査不正問題は、昨年9月18日に国土交通省の係官が日産の湘南工場に抜き打ちで立ち入り検査に入ったことから始まった。それから1年がすぎ、不正はSUBARU(スバル)、スズキ、マツダ、そして二輪車メーカーのヤマハ発動機でも見つかった。

 その皮切りになった日産が、不正発覚から1年を経て、やっと「最終調査報告書」と位置づけた文書を公表す…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1539文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz