自動車不正リポート

「ブレーキ性能検査で不正!?」スバルあきれた事態

編集部
  • 文字
  • 印刷
会見を終えて退席するスバルの中村知美社長=2018年9月28日、根岸基弘撮影
会見を終えて退席するスバルの中村知美社長=2018年9月28日、根岸基弘撮影

 大手自動車メーカー、SUBARU(スバル)は9月28日、車の出荷前の検査で新たな不正が見つかったと発表した。外部の法律事務所に委託した調査報告書が公表され、ブレーキ性能を確認する検査で不正が行われていたことが書かれていた。

 無資格者による完成検査や、排ガス・燃費測定値の改ざんといった不正が日産自動車やスバル、それに他社でも次々と明らかになってきた。しかし、安全にかかわるブレーキの性能検査で不正が発覚したのはスバルが初めてだ。いったいどんな不正だったのか。

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1597文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz