週刊エコノミスト・トップストーリー

「QRコード決済」にいま企業が続々と参入のワケ

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
アマゾンペイ。客のスマホに表示されるQRコードを読み取って決済する
アマゾンペイ。客のスマホに表示されるQRコードを読み取って決済する

 ITベンチャーから銀行、通信事業者まで、雪崩を打ってスマホ決済に参入している。週刊エコノミスト10月9日号の巻頭特集「キャッシュレスの覇者」よりお届けする。【ITジャーナリスト・鈴木淳也】

主役は携帯キャリア

 「キャッシュレス」を錦の御旗に、スマートフォンを使った決済サービス、通称「スマホ決済」が続々と誕生している。

 スマホ決済にはさまざまな方式があるが、その中でいま最も注目を集めているのが二次元コード(QRコード)決済だ。店舗内に設置されたタブレットのカメラで、客のスマホ画面に表示したQRコードまたはバーコードを読み取って決済する。従来のクレジットカードや電子マネーのような専用の読み取り端末や高価なPOS(販売時点情報管理)を必要としない。また、店舗のレジ横にQRコードを印字した紙を掲示し、利用者がスマホの…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2175文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。