自動車不正リポート

「調査→不正発覚」を3回繰り返したスバルの大失態

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見の冒頭で頭を下げるスバルの中村知美社長ら=2018年9月28日、根岸基弘撮影
記者会見の冒頭で頭を下げるスバルの中村知美社長ら=2018年9月28日、根岸基弘撮影

 車のブレーキ性能を確かめる検査で不正が発覚したSUBARU(スバル)。9月28日に公表した外部の法律事務所による調査報告書では、スピードメーターや、ハンドルの曲がる角度といった項目でも、正しく検査していなかったことが明らかになった。燃費・排ガスの計測値改ざんの台数も、今まで公表してきた1551台から1869台に増えた。

 スバルの検査不正が最初に発覚したのは昨年10月のことだ。それから1年間、「調査→不正発覚」を繰り返…

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1630文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz