人生100年時代のライフ&マネー

大手生保が次々参入「健康増進型保険」はおトクなのか

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

保険を見極める(8)

 生活習慣や健康状態が改善すると保険料が安くなる「健康増進型保険」が増えている。生保会社は、死亡・病気の「リスクに備える」保険本来の機能に加え、健康をキーワードに「リスクを減らす」面を打ち出す。利用者にとってのメリットを考える。

2017年から新商品ラッシュ

 新規契約時に健康診断結果を提出すれば保険料が約1割引き、さらに健康状態が良好なら約2割まで安くなる--。第一生命保険は3月発売した主力保険「ジャスト」でこうした割引制を導入した。7月までの4カ月間で30万件を突破するなど販売は好調という。

 健康増進型は昨年から新商品ラッシュ。東京海上日動あんしん生命保険が昨年8月発売した医療保険「あるく…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1624文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。