人生に必要な「おカネの設計」

税制優遇だけじゃないiDeCoの強み「複利の効果」

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 iDeCo(個人型確定拠出年金)は、掛け金を出すことで所得税、住民税が節税できる▽運用中の値上がり益や分配金への課税がない▽年金を受け取る時に控除がある──という三つの税制優遇があります。会社員のA太さん(36)と共働きの妻、B代さん(36)は、iDeCoを運用の一つとして利用することにしました。2人の手取り年収は合わせて600万円、現在約300万円の貯蓄があり、4歳と1歳の子供がいます。

 ただB代さんは、「投資信託で運用するiDeCoで、もし自分が口座を開設した金融機関が潰れたらどうな…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1731文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。