スルガ銀行 不正の構図

「スルガ銀行と業者がグル?」気づいたときには…

編集部
  • 文字
  • 印刷
金融庁の行政命令発表を受け記者会見する「被害弁護団」の河合弘之弁護士(左)ら=東京都港区で10月5日、今沢真撮影
金融庁の行政命令発表を受け記者会見する「被害弁護団」の河合弘之弁護士(左)ら=東京都港区で10月5日、今沢真撮影

シェアハウスの購入者たち(3)

 横浜市在住の会社員、Aさん(51)は、仲介業者から売り込みを受けたスマートデイズの女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」1棟12室の購入を決断した。2015年9月のことだ。西武新宿線・上井草駅から徒歩9分で住所は東京都練馬区。土地は更地で126平方メートルあった。

 購入費用は土地と建築費で総額1億2180万円。すべてスルガ銀行からの融資と決められていた。4回に分けて横浜東口支店(横浜市西区)で融資契約を交わした。購入を決めた9月に土地代7980万円の融資を受け、建築費は同11月と、翌16年1月、同5月の3回にわたり1400万円ずつ計4200万円の融資を受けた。

 スマートデイズの家賃保証額は月83万円。管理費6万円を引かれ、Aさんには月77万円が振り込まれる。…

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1652文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz