くらし高齢化時代の相続税対策

「タワマン節税」に歯止め 相続の特例何が変わった?

広田龍介 / 税理士

 相続が発生した際、利用されることが多いのが「小規模宅地等の特例」だ。亡くなった人(被相続人)が所有していた宅地を相続で取得する場合、一定要件を満たせば、相続税評価額が大幅減となる制度だ。

節税効果が大きい「小規模宅地等の特例」

 対象となる宅地は四つある。亡くなった人かその人と生計を一にしていた親族が(1)住んでいた「特定居住用宅地」(2)事業を営んでいた「特定事業用宅地」(3)貸付用のアパートや駐車場などとしていた「貸付事業用宅地」(4)亡くなった人がオーナー社長だった同族会社が使っていた「特定同族会社事業用宅地」--である。

 特例による評価額の減額率は、特定居住用宅地は330平方メートルまで、特定事業用宅地と特定同族会社事…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1486文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモが新料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」を6月に始める

ドコモが6月から新料金「分離プラン」は定着するか

 NTTドコモが、6月から新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」を導入する。最大4割値下げするとうたわれていたプランで、端末の購入…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…